海中にて、くらげのような生き物

不思議な光に誘われるままに海に潜った。
泳ぐのは得意じゃないが、好奇心が私を前に進ませる。

――だが、そろそろ上がらなければ息がもたない。
断念しようとしたその時、目の前でいくつかの泡が淡く明滅を始めた。

そして、

ひと目で、それは人知を超えた存在だと悟ったが、私の乏しい語彙力では「大きなくらげ」としか説明できないことを許してほしい。
ただ一つ伝えられるのは、それは頭に直接話しかけてくるタイプだと言うこと。

――pjin…ka xemi…vmi qunna

その言語を理解できなかったのが、残念でならない。
その後、限界を迎えた私は意識を失った。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です